www.coloradodinosaurdigs.com

自動車の事故に遭った際、あなたが被害者のケースでも相手がミスをこれっぽちも認めないという事例は数多く聞くことがあります。一例として、故意に起こしたかったのではなく注意が足りなくて相手の車を当てられた場面などにそういった言い合いになる場面がありそうです。とは言って、そこで車のみの事故対応され、数ヵ月後に体の変調が出た際に通院した病院の証拠となる診断書警察署に出すというのは対応が遅くなるとなるのはしょうがなくなります。それでは、車の事故の過失割合の決定にはどんな目処が決まっているのでしょうか。正しく言うと、警察が結論付けるのは主として自動車の事故の大きな落ち度があったのはどちらかということであり過失の割合がどうなのかというわけではありません。最終的に決定された事故の責任者が警察署からはっきりする事はという事は有り得ません。そのため、過失の割合がどうなのかは事故にあった両者の協議の結果で決定されこれが自動車事故の賠償の算定のベースと判断されます。その場合に、両方が任意で加入できる保険に入っていなかった場合は、両方が面と向って相談するしかありません。けれども、当然の事ながらそういった調整では、非理性的な口論になる可能性が高くなります。お互いの意見にギャップがあれば万一の場合、訴訟にまで突入しますが、その場合長い年月と裁判にかかるコスト大きなマイナスとなります。このため多くの状況で事故に関係する運転手に付く保険の会社、このようにそれぞれの会社に交渉を委任する策を駆使して、ちょうどよい割合を落ち着いて決めさせるのです。この際には、保険会社はそれまでの自動車での事故の裁判によって導きだされた裁定から算定した判断基準、判例タイムズをベースに推測と協議をして「過失割合」を出します。とは言え自動車の事故の際には巻き込まれたのか巻き込んでしまったのかに関わらずまず最初に警察を呼ぶのが大切です。その後で自動車の保険の会社に連絡を取り、この先の話し合いを委ねるのが手順になります。状況に応じた仕組みさえ分かっていればお互いの無駄な交渉となる状況を未然に防止できます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.coloradodinosaurdigs.com All Rights Reserved.